フォトabバc

[フォトabバc]スマホ de チェキ FUJIFILM instax SHARE SP-2【プリントレビュー】

FUJIFILM instax SHARE SP-2 / PRINTING REPORT

第2回フォトabバcへようこそ。引き続きフォトえーびーばしー?などとわけのわからない読み方で続けたいと思っています。今回は趣向を変えてお気楽に書いた記事です。

さて、フィルムしかなかった時代には、現像を依頼したらネガとプリントを受け取るのが常識でした。それしか写真を見る方法もシェアする方法もなかったからです。

現代社会においてはご存知のように、写真はスマホで撮る・見る・シェアするという状況が一番多く、誰しもが楽しめるのは疑いようがありません。そもそもデジタルはお店に現像なんて依頼しなくてもいいですしね。

多人数で同時に見たり、複数枚並べてわいわいと鑑賞できるのがプリントした写真の良いところ。そして何より、思い出が形として残るのです。

スマホ時代とプリント写真の融合、思い出の結晶。それがチェキであり、instax SHARE SP-2なのです。

時代は「スマホ de チェキ instax SHARE SP-2」なのです。

( Photography & Text : abc(dabcphoto) )

イベントの記念にinstax SHARE SP-2でシェア

先日開催されたたけさんぽ東京。写真好きの人たちのためのオフ会です。

そこで大活躍したのが、instax SHARE SP-2です。当日は合計で66枚のプリントをしました。

1度転送したら、後はひたすらREPRINTボタンをひたすら連打するだけ。移動中や休憩で入ったお店で、ひたすらにプリントしまくりました。

皆さまの思い出になったようで、何よりです。

鎌倉フォトウォークの際にもお渡ししました。

遊びの思い出をinstax SHARE SP-2でシェア

写真を撮っていると、写真を頼まれることが多々あります。観光地では一人旅中の私に撮影待ちの列が形成されることも・・・。さすがに意味がわからない状況です。

そうでなくても「素敵だな〜」と思った方には自分から声をかけて撮らせてもらうこともしばしばあります。SNS投稿の許可をもらいつつ、お返しにチェキでプリントしてプレゼントします。

声をかける方はだいたいカップル。たまに女子2人組。野郎だけを撮ってもあまり絵にならないし。不思議と声をかけるカップルは、新婚さんが多く、「結婚式に飾ります」だなんて嬉しいことを言われたりします。(ほんとに飾ってくれてた)

そうして撮り重ね、プリントを重ねてきたチェキは数知れず。プリントのコツとしては、できるだけ明るめな写真を選ぶこと。黒つぶれが激しいとちょっと悲しくなります。

結婚式をinstax SHARE SP-2でシェア

写真が趣味だと公言すると、撮影をお願いされてしまうのが結婚式。「絶対にプロを雇え」という忠告はするものの、アマチュアだからできることがあります。下手な写真もチェキにすれば全て許されるのです。

海外赴任中の友人が一時帰国して結婚式を行いました。式の一週間後には海外赴任に戻るとのこと。

「次にいつ会えるのかわからない。とにかく写真を早く見せたい。」

そんな状況を救ってくれたのがチェキです。

撮った写真をカメラから直送して、50枚ほどプリントしました。FUJIFILMのカメラだからできる特権です。スマホで撮ったより綺麗な写真をプリントできるのはもちろん、スマホを経由するより断然早いです。

当然、プリント自体はチェキクオリティですが、それが良いのです。

机にチェキを並べて「この写真めっちゃいい!」「この写真もいい!」なんて、友人夫婦が喜んでいる姿を見て、チェキ最高だなと感じました。

業者の写真はアルバムとCDで納品されるそうですが、海外赴任中の友人が業者の写真を見れるのは半年後か1年後か、はっきりわからないということでした。すぐに渡せて本当に良かった。

結婚式写真の納品は2週間〜1ヶ月、場合によってはそれ以上かかるものではないでしょうか。チェキならその場ですぐに渡せます。なんなら余白にメッセージも書けます。

REPRINTできる「スマホ de チェキ instax SHARE SP-2」の特権

普通のチェキはデジタルデータが存在せず、同じ写真はこの世に1枚しか存在しません。

でも、instax SHARE SP-2は違います。

スマホ・FUJIFILMのカメラから、データを転送することで、好きなだけ好きな写真をプリントできます。最後に転送した1枚に限り、同じ写真を何度でもプリントできるのです。やり方は「REPRINTボタンを押すだけ」。超簡単。

だから、同じ写真を何枚もプリントするのが簡単で、家族・友人等と写真を共有するのに優れているのです。

お値段は1万5000円前後なので、そこまで高くはありません。好きな写真を簡単に形に残せることを考えたら、むしろ安いものです。

大量購入すればコストが抑えられます。1枚70円ぐらい。安いでしょ。

ましかくプリントがよければ、 instax SHARE SP-3です。

ましかくのチェキはふと街中で買えないこともあるので、多めに買っておきましょう。

https://abc-photo.com/entry/photoabbac_xf16-55_f28wr/

Kindle Unlimitedのご紹介

AmazonのKindle本が月額980円で読み放題になるKindle Unlimitedなら、様々なカメラ本が読み放題になります。

全てのKindle本が対象ではありませんが、最新の一部カメラ雑誌も対象なので、写真好きの方にとってはとてもお得なサービスです。

勘違いされる方が多いですが、Kindle専用の端末を持っていなくても、お手持ちのスマホがあればKindle本は読めます。(雑誌などは多少読みづらいです)。

1ヶ月無料体験ができるので、まずは登録だけしてみることをオススメします。

Kindle Unlimitedの会員になったら、ぜひチェックしてほしい本はこちら

>>読まなきゃ損!Kindle Unlimitedで読むべき写真本・カメラ本10選!

読まなきゃ損!Kindle Unlimitedで読むべき写真本・カメラ本10選!毎月写真関連本を買いまくっているabc(@dabcphoto)です。もはや中毒です。 そうは言っても、Kindle Unlimit...