【E-M5】EF→マイクロフォーサーズのマウントアダプター選び その2

こちらの記事をご覧になる方が多いので、その補足をしつつ、最新のEF→マイクロフォーサーズのマウントアダプター事情についてまとめてみます。

akarakeman.hateblo.jp

実は上記の記事は情報が古く、MFしか使えないマウントアダプターを紹介しています。

今は事情が変わっていて、AFが使えるマウントアダプターも登場しました。


akarakeman.hateblo.jp

こちらの記事で紹介しているマウントアダプターはKIPON製のもの。

日々アップデートもされています。Twitterを遡るとわかりますが、割と頻繁です。

AF非対応ですが、レンズ手ぶれ補正、絞り、Exifには対応しているマウントアダプターもあります。

KIPON製のものよりも、記事執筆時点では約14,000円安いです。

私が以前購入したマウントアダプターはこちら。

絞り可 キヤノン EF EOS → マイクロフォーサーズ ボディ アダプター 並行輸入品

AF対応のKIPON製ものと比べると約32,000円、AF非対応のSTOK製のものと比べると約18,000円安いです。

どれが一番いいのだろうか

私だったらKIPON製のものか、昨年購入したもの(またはそれに準ずる絞り羽根付きのもの)の2択になります。

まず、E-M5の場合(OM-Dの場合)にはボディ内手ぶれ補正が非常に強力ですので、レンズ内手ぶれ補正があってもなくてもあまり影響しません。

問題となるのは、

  • 絞りとExifに対応するかどうか
  • AFはいるのか

というところです。しばらく考えてみましたが、「25,000円も出すなら、いっそあと1万円出してAF対応のもののほうがいいのでは?」という結論に至りました。

レンズを買えちゃう金額なので、そこまではさすがに出せない・・・という人は完全にMFで絞り羽根付きの安いマウントアダプターを選べばいいと思います。

あとは細かいところで、マウント部が金属製のほうがプラ製よりも丈夫でしょうし、人柱が多い製品を選んだほうが地雷を踏む確率は低いでしょう。

それでも注意が必要

友人のEOS Kiss X7iのダブルズームキットの望遠レンズと、以前購入したマウントアダプターの組み合わせで写真を撮ろうとしたら、いくらピントリングを回してもピントが合いませんでした。

レンズのAF/MFツマミも確認したし、EOS Kiss X7iではMFで撮影ができたので、レンズによってはマウントアダプターを介して使おうとしても使えないものがありそうです。

少なくとも、Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 II フルサイズ対応ではMF撮影ができました。

作例はこちら

akarakeman.hateblo.jp
akarakeman.hateblo.jp
akarakeman.hateblo.jp

6Dを購入したので、手元にはこのレンズが有ります。

Canon 標準ズームレンズ EF24-105mm F4L IS USM フルサイズ対応

機会があれば、昨年購入したマウントアダプターを介して、E-M5で撮影してみようと思います。35mm換算で210mm。さらにデジタルテレコンで420mmというとんでもない望遠になりますので、今までにない写真を撮れる気がします。

まとめ

絞り、レンズ内手ぶれ補正、Exif対応(※AFは非対応)

MFのみ。絞りはマウントアダプターで調整。

絞り可 キヤノン EF EOS → マイクロフォーサーズ ボディ アダプター 並行輸入品

絞り羽根もなし。撮影はレンズ絞り開放のみ。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!