フォトウォーク

【3/30(土)】行く先は誰も知らない。#郵便番号フォトウォーク をやります!

事の始まりはCP+のRICOHブース。発売を控えるGRIIIについて、写真家内田ユキオ氏のセミナーを聴講しました。

そこで得たアイデアをもとに、フォトウォークを開催します。

行く先は誰も知りません。

スケジュールも決めません。

グダグダになるかもしれません。

当日の成り行きで全てが決まります。

最後まで良く読んで、それでも気になった方は参加申請をお願いします。

開催ルールの都合上、私の他は先着5名(厳守)で開催します。キャンセルが出れば先着順でキャンセル待ちとします。

はじめに

内田氏のスライドで紹介されたスナップの作品は、撮影場所が3つに分かれていました。そのひとつの撮影地決定方法が面白い物でした。

「写真を撮っていて行き先に迷ったことある人〜?」と話が始まります。

多くの方が手を上げていました。

これって、あるあるだと思うんですよね。写真を撮りたい気持ちはあるけど、じゃあどこに行こうかと。

いつもの場所は飽きたし、有名な撮影地を調べても何だか心惹かれない。結局いつもの場所に行くか、そもそも家を出ないか。

そんなことをぼんやり考えていたら、内田氏の話はこう続きました。

「ビンゴアプリに撮影地を決めてもらう」

ビンゴアプリで郵便番号を決めて、そこに行くという手法です。

なるほど、これなら!

1桁目を「1」に固定しないと、日本全国行くことになるそうです。それは困りますね。

内田氏が引き当てたのは、下4桁を失念してしまいましたが、〒131-〇〇〇〇の墨田区京島とのことでした。

あとで気が付きましたが、これはかなり引きが良い方だと思います。

何はともあれ、これで撮影地には迷わずに済みます。

でも、一人でやっても楽しくないから、誰かを巻き込もうと決めました。それでフォトウォーク。

#郵便番号フォトウォーク

今回のフォトウォークを #郵便番号フォトウォーク とします。

ルール

・郵便番号〒1○○-○○○○の○は参加者で決めます。
・集合したらビンゴアプリや乱数生成アプリを使って撮影地を決めます。
・当日は申込順でアプリを動かして数字を出します。上手くいくまでやり直します。
・出た郵便番号の土地には必ず行きます。ただし、例外を設けます。
・離島だった場合にはやり直します。(さすがに無理でしょう。笑)
・移動に2時間以上かかる場合には相談して決めます。

この他、なにか思いついたらその時考えます。

当日の流れ(超ざっくり)

3/30(土)11:00 アクセスの良い東京駅or新宿駅集合。
撮影地についたらご飯にしましょう。お店がなかったらその時考えます。

現地解散の予定。

小雨決行。荒天中止。

私が試した結果

0~9の数字をランダムに生成して見ましたが、一発で郵便番号が出ることはありませんでした。

196-2521 該当なし。196は東京都昭島市。
153-0049 該当なし。153は東京都目黒区。
145-4034 該当なし。145は東京都大田区。
104-5140 該当なし。104は東京都中央区。
138-5250 該当なし。138も該当なし。
169-9154 該当なし。169は東京都新宿区。
124-9040 該当なし。124は東京都葛飾区。
123-0453 該当なし。123は東京都足立区。
156-0095 該当なし。156は東京都世田谷区。
155-2219 該当なし。155は東京都世田谷区。

これは先が思いやられる・・・。

ちなみに、100で始まる郵便番号が出ると、離島に行かなくてはいけません。残念ながら今回のフォトウォーク地域対象外です。

一部2から始まる地域があります。多摩地区の東村山市、清瀬市などなど。残念ながら今回のフォトウォーク地域対象外です。

なにかいいシャッフル方法を思いついたら教えてください・・・!!

参加登録フォーム

ここまで読んで参加したいと思った方は、ここから登録してください。

登録を確認後、TwitterでDMのグループを作成します。Instagramやブログの入力は任意です。

中止になりました!!

参加予定者

オオニシ トモヒロさん

Twitter:@tomo_camera_
ブログ:スキグラフ(https://tomohiro1210.com/)

あきらさん

Twitter:@akiragraph
ブログ:One cut(https://www.one-cut.work)

おまけ:郵便番号とは

郵便番号のルールについて、わかりやすい記事がありました。

郵便番号の割り振りに規則性ってあるの? 7ケタでどこまでわかるの? | スーモジャーナル – 住まい・暮らしのニュース・コラムサイト

東京都の郵便番号一覧は、公式の資料を確認しておきましょう。

それでは、7桁の数字で決まるどこかで楽しみましょう!

Kindle Unlimitedのご紹介

AmazonのKindle本が月額980円で読み放題になるKindle Unlimitedなら、様々なカメラ本が読み放題になります。

全てのKindle本が対象ではありませんが、最新の一部カメラ雑誌も対象なので、写真好きの方にとってはとてもお得なサービスです。

勘違いされる方が多いですが、Kindle専用の端末を持っていなくても、お手持ちのスマホがあればKindle本は読めます。(雑誌などは多少読みづらいです)。

1ヶ月無料体験ができるので、まずは登録だけしてみることをオススメします。

Kindle Unlimitedの会員になったら、ぜひチェックしてほしい本はこちら

>>読まなきゃ損!Kindle Unlimitedで読むべき写真本・カメラ本10選!

読まなきゃ損!Kindle Unlimitedで読むべき写真本・カメラ本10選!毎月写真関連本を買いまくっているabc(@dabcphoto)です。もはや中毒です。 そうは言っても、Kindle Unlimit...