フィルム

バケペンとつるさんぽ奈良

本記事は年の瀬に#エモ散らかし隊Advent Calendar 2019の13日目。(遅れてごめんなさい)

このアドベントカレンダー主催の鶴さん(@dmdmtrtr)が企画された #つるさんぽ奈良 の話を書くことにした。書いていてエモがわからなくなった。

前日はシュンスケさん(@colablog)。

おばあちゃんっ子なので、心に響いた。久しぶりに会いたいなと思ったので、近いうちに会いに行こう。

つるさんぽ奈良

PENTAX 6×7、通称バケペンを持って平日の奈良に出向いた。仕事?そんなのはあとで頑張ればいい。

バケペンはボディとレンズで2kgを超える。

ただでさえボディがでかいのに、私が持っているレンズのフィルター径はΦ100だ。とても巨大なレンズだということがわかる。

そんな巨大なボディとレンズを振り回してきた記録。つるさんぽ奈良前日に1本、つるさんぽ奈良当日に6本、2日間で計7本。

前乗りしたので朝早くから市内を散歩した。観光客はまばら。静かな町にガシャコンという音を響かせる。

PENTAX 6×7, PRO400H
PENTAX 6×7, PRO400H
PENTAX 6×7, PRO400H
PENTAX 6×7, PRO400H
PENTAX 6×7, PRO400H
PENTAX 6×7, PRO400H
PENTAX 6×7, Ektar100
PENTAX 6×7, Ektar100
PENTAX 6×7, Ektar100

奈良公園の浮御堂では、ウェディングフォトの撮影をしていた。すごく良いロケーション。声をかけて撮らせてもらった。

PENTAX 6×7, Ektar100
PENTAX 6×7, Ektar100
PENTAX 6×7, Ektar100
PENTAX 6×7, Ektar100
PENTAX 6×7, Ektar100
PENTAX 6×7, PORTRA400
PENTAX 6×7, PORTRA400
PENTAX 6×7, PORTRA400

集合してつるさんぽ3班で宝山寺へ。

PENTAX 6×7, PORTRA400
PENTAX 6×7, PORTRA400
PENTAX 6×7, PORTRA400
PENTAX 6×7, PORTRA400

キレイな紅葉を見付けたのでポジフィルムを入れるも、露出を盛大にミスりまくる。

PENTAX 6×7, Velvia100
PENTAX 6×7, Velvia100
PENTAX 6×7, Velvia100
PENTAX 6×7, Velvia100
PENTAX 6×7, Velvia100
PENTAX 6×7, Velvia100
PENTAX 6×7, Velvia100
PENTAX 6×7, Velvia100
PENTAX 6×7, Velvia100
PENTAX 6×7, Velvia100

大和西大寺へ移動してコーヒーブレイク。おしゃれなお店。

PENTAX 6×7, PORTRA160
PENTAX 6×7, PORTRA160
PENTAX 6×7, PORTRA160
PENTAX 6×7, PORTRA160
PENTAX 6×7, PORTRA160

平城宮跡のあたりで日の入。広大な敷地に生えるススキ。すごく秋っぽい。

PENTAX 6×7, PORTRA160
PENTAX 6×7, PORTRA160
PENTAX 6×7, PORTRA160
PENTAX 6×7, PORTRA160

朱雀門。扉が閉められていく。

PENTAX 6×7, PORTRA400
PENTAX 6×7, PORTRA400
PENTAX 6×7, PORTRA400

懇親会の会場に到着。鶴さんがいい笑顔をしている。

PENTAX 6×7, PORTRA400
PENTAX 6×7, PORTRA400
PENTAX 6×7, PORTRA400
PENTAX 6×7, PORTRA400

おわり

撮った写真を見るには現像をしなくてはいけない。

スマホやPCで鑑賞するためにはフィルムをスキャンしてデジタルデータにしなければいけない。

オートフォーカスはない。手ぶれ補正もない。美顔効果もなければ、お洒落なフィルターもない。

巨大なガラスの塊を両手で支え、ガシャコンと大きな音を立ててシャッターを切る。

めちゃくちゃ楽しい。

PENTAX 6×7, PRO160NS

使ったフィルムたち