【美女作例】噂のKenko『ブラックミストNo.1』で美女ポートレート

【美女作例】噂のKenko『ブラックミストNo.1』で美女ポートレート

2018年11月4日

Canon EOS 5D markIVから、FUJIFILM X-T3に完全移行を決めたabc(@dabcphoto)です。

X-T3は非常に快調ですが、大口径レンズの保護フィルターが余りまくっていてどうしようもありません。

そんな私が最近噂のレンズフィルター『ブラックミストNo.1』を購入し、夕暮れの海で美女ポートレートの撮影テストをがっつりしてきました。

思い切って3レンズ分、3枚買っちゃいました!フィルターがまた増えてしまった・・・。

【追記】
『ブラックミストNo.5』が新しく出ました。こちらの効果も気になるところです。

フィルターの説明が長いので、美女だけ『ブラックミストNo.1』の作例だけ見たいよ!という方は下の目次からジャンプしてくださいね!

スポンサーリンク

今回のモデルさん

作例やブラックミストの説明前に、まずはモデルさんをご紹介します。

今回お願いしたのは、Yurikaさん(@FreyaYurika)です。

天候による撮影延期や撮影時間の変更など、快くご対応いただけました。本当にありがとうございました!

今回はモデルマッチングサービス Rememberでモデルさんを見付けました。

噂のレンズフィルター『ブラックミストNo.1』とは?

さてさて、話を戻しましょう。

Kenkoの『ブラックミストNo.1』!どこで噂になっているのかというと、主にTwitter(の私のタイムライン)。

SNSで人気のフォトグラファー保井氏が愛用しているそうです。

噂を聞きつけた人たちが押し寄せ、Amazonで欠品が相次いでいるとかいないとか。っていうか、気が付いたら保井さんがポートレート撮り始めてましたね。

保井さん効果がハンパなく、ケンコーからもお礼の連絡があったのだとか。

[chat face=”myicon_36a0da.jpg” name=”abc” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=”maru”]素敵なポートレートです[/chat]

シュンスケさん(@shunsuke333)やタイラヒロさん(@tairahirog)は流石で、あっという間に記事を書いていました。

シゲさんに至っては、話題になる前から手に入れていたとか。

[chat face=”myicon_36a0da.jpg” name=”abc” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=”maru”]どんなアンテナを搭載しているんでしょう。。。[/chat]

【追記】
『ブラックミストNo.5』もやはり保井さんが使用されています。街灯のボケ方に特徴が出ていますね。

[chat face=”myicon_36a0da.jpg” name=”abc” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=”maru”]こちらも素敵なポートレートですね[/chat]

『ブラックミストNo.1』の効果は?

さて、気になるのはその効果です。

Kenko社のWebサイトにはこんな記載があります。

テレビや映画の世界で使われていた「ブラックミスト」フィルターを写真用に転用

光の回折により、ハイライト部とシャドー部のコントラストを弱め、くせのないソフト効果をつくります。

非常に微細な黒い拡散材を光学ガラスに内包したフィルターです。

他のソフトフィルターは画面を白っぽくしてしまうのに対し、ブラックミストは画面を白っぽくしません。そのため、黒バックでの撮影や、暗い背景での撮影にも向いています。

絞りを絞り込んでもソフト効果があり、ズームやマクロなどでもフィルターをつけるだけでソフト効果を得ることができます。

<露出倍数>約1.25倍(約1/3絞り分)

コントラストが弱められることで、+1/3段の露出が上がるとのこと。ほほーう。

『ブラックミストNo.1』の作例

今回の舞台は七里ヶ浜です。

「世界一の朝食」と言われるbills七里ヶ浜の建物で撮影をスタートしました。白壁がオシャレなインスタ映えスポットです。

日が傾いてきたところで砂浜に移動しました。

/*Twenty20 Image Before-After*/

『ブラックミストNo.1』の注意点

撮影をしていて気付いたことですが、強い光源で逆光の撮影をするときは要注意です。

被写体の後ろに強い光源(太陽など)があると、霞みまくりでAFが使い物になりません。

『ブラックミストNo.1』を使うと画面全体のコントラストを下がりますが、強い光源が入ると画面全体が極端に白く霞んだ写真になります。

例えばこういうシーン。

明らかに『ブラックミストNo.1』の効果が発揮されまくっていますね。こういったシーンはフィルターを外したほうがいいかもしれません。(1つの表現としてはいいかもしれませんが。

そして、当たり前のことですが、「フィルター無し」の写真は手元に残りません!!

ついついフィルターを付けっぱなしにしてしまい、後から気付くことは多々あります。

後から「あれ?なんかコントラストおかしい?」と気付いちゃったらショックかも

この日の夕暮れは非常に綺麗だったのですが、フィルターを付けていたか外していたか、もう覚えていません!!

但し書き

作例は「撮って出し」派と「レタッチ容認派」がいると思います。そのため、最後に但し書きをしておきます。

本作例は全てFUJIFILM X-T3が出した色です。

X RAW STUDIOで微調整(主にWBと増感/減感の調整)を行い、Lightroomで画像のサイズ調整をして最終出力としています。

小難しいレタッチはしていません。(というか、できない。)

フィルムシミュレーションはクラシッククロームやエテルナをポートレート用にカスタムしたものです。

まとめ

夕暮れ時の素晴らしい光のおかげで、ブラックミストの効果をはっきり体感することができました。

比較してみるとお分かりいただけると思いますが、肌の質感もキレイになっています。

ポートレートを撮る方には文句なくおすすめできます!

FUJIFILMの大人気単焦点レンズ、XF35mmF1.4 Rはレンズ径がΦ52です。Φ52だと、1,500円程度で手に入れることができます。意外と安いこともポイントが高いですね!

  • 光が柔らかくなり、美肌効果もありそう!ポートレートにおすすめできます!
  • ただし、逆光の光が強いときには要注意!
  • あと付けっぱなしにも要注意!

Yurikaさん(@FreyaYurika)、ありがとうございました!

撮影中に波に襲われたNGシーン

[chat face=”myicon_36a0da.jpg” name=”abc” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=”maru”]肌寒い時期ですが、がっつり海に浸かってしまいました。。。[/chat]

今回の機材


とにかく今回の主役です。レンズのフィルター径をよ〜く確認してから購入しましょう




使ったレンズは3種類です。


カメラはFUJIFILM X-T3。顔認識AFが大活躍でしたよ!