江の島の納涼花火に行ってきた話。

2 min

※ブログメンテナンス中につき、一部デザインが崩れている・表示されない箇所がございます。

普段から江の島に足を運んでいまして、過去にはこんなオフ会も企画・参加していました。

[blogcard url=https://abc-photo.com/entry/enoshima_photo_session_20180415]

[blogcard url=https://abc-photo.com/entry/kamakura-photowalk_20180718]

ただ、今まで都合が合わなくて、湘南地域の花火大会は撮ったことがありませんでした。

今回はうまく会社を休むことができたので、行ってきました。が、色々と失敗しました。

納涼花火

開催場所:神奈川県藤沢市 / 片瀬海岸西浜
開催日時:2018年8月21日(火)19:00~19:20

とても短い時間の花火大会で、試行錯誤しながらの撮影が難しいです。

[blogcard url=”https://hanabi.walkerplus.com/detail/ar0314e00505/”]

まずは日の入りを待つ・・・


夏休みではしゃぐ子どもたち。干潮は20時頃でしたが、強風のせいか高い波が襲ってきます。


撮り慣れた風景です。いつもならこれで一日が終わり。

19時打ち上げ開始

ポジショニングを迷っていたり、レリーズが見つからないとか、設定が終わってないとかでバタバタしました。

湘南の夏の風物詩、白杭を入れるか入れないかでとても悩みましたが、結果的にはそんなことは問題じゃありませんでした。


撮影:EOS 5D markIV


撮影:X-E3


撮影:EOS 5D markIV

EOS 5D markIVはめっちゃトリミングしています。意外と花火が低く、広角のズームで挑んだのは失敗でした。。。

X-E3はフィルム時代のレリーズを使っていたことで、バルブ撮影が上手くできませんでした。シャッタースピードは決め打ち・・・。

フィナーレ

あっという間にフィナーレになり、真っ白けっけの写真が量産されました。


撮影:EOS 5D markIV


撮影:X-E3

打ち上げポイントと白杭が被っちゃってるし・・・。

おわり

初めて納涼花火に行ってきましたが、散々な結果でした。花火って難しいなぁ。

来年は改めてリベンジします。

白杭のあたりから撮るなら、50mm~70mmが良さそう。広角は厳しい。

その前に、秋には「ふじさわ江の島花火大会」があるので、それはしっかり撮りたいですね。。

[blogcard url=”https://hanabi.walkerplus.com/detail/ar0314e00859/”]

[blogcard url=”www.fujisawa-kanko.jp/event/fujisawahanabi.html”]

今回の装備



中古カメラ・レンズ専門の『百獣のカメラ買取王 カメライオン』では、LINEを送るだけで買取金額の概算がわかります。

必要な情報はこの3点!

  • メーカー
  • 機種名
  • コンディション

査定したいアイテムを撮影するだけでもOK!

abc

abc

週末写真家

湘南で大きいカメラを振り回してるアマチュアフォトグラファー

FOLLOW

カテゴリー:
タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。