【素人カメラマン】前撮り(エンゲージメントフォト)の打ち合わせをしてきた話

  • 2019年9月12日
  • 2019年12月28日
  • 雑記
  • 8view
  • 0件

4ヶ月ぶり4組目の前撮り(エンゲージメントフォト)の依頼を受けました。

撮影の1週間前ということで、入籍ほやっほやの友人夫妻と打ち合わせをしてきました。

打ち合わせはざっくりで、時間としては1時間程度でしたが、かなり有意義な時間でしたので、簡単にまとめてみます。

chat icon
abc
素人カメラマンなりに頑張ります!

撮影日程の確認

まず、天気予報を見ながら日程を調整しました。

当初予定していた日は、一日中雨の予報になっているため、「1日前倒しにしよう!」となりました。

でも、記事を書いてる途中に、「やっぱり戻そう」となりました。怪しい雲行きです。

chat icon
abc
3連休が3連休なことに感謝だ!

当日スケジュールの確認

天気次第でもあるので、まだ決め兼ねています。

午前中から撮り始めて、移動して行くのもありだと思うんだよね〜。みたいな話をしました。

次項のGoogleマップを見ても分かるとおり、撮影したい範囲が意外と広いので、移動もけっこう大変です。

撮影地の確認

ざっくりと「みなとみらいで!」という話はしていましたが、みなとみらいと言ってもかなり広いです。

私が撮影した過去の写真をみせつつ、「友人の誰々はここでこんな感じに撮ったよ」と、Googleマップに印を付けながら話しました。

雨の日のプランも考えていて、全然違うところになるかもしれません。

あと、クライアント(友人)は無視して、私のワガママプランを伝えてみました。鎌倉や海で撮りたい!

天気のこともあるので、これからまた相談です。100%晴れ女に依頼したい・・・。

使う小物の確認

友人におまかせですが、あったらいいかも的なものは伝えておきました。

・フォトフレーム
・花束(ドライフラワーでも可)
・指輪のケース
・ハートの風船
・ガーランド

花束は万能です。

指輪のケースもこんな感じ。

ハートの風船はこんな感じ。

平成最後のラブグラフ展」に展示されていた作品のアイデアを真似させてもらいました。

ガーランドはこんなやつ。

フェルトだとすごく良さそうです。しかも安い!

服装

これも友人におまかせです。

お揃いだと雰囲気あるけど、全部同じだと飽きるから羽織るものがあると良い。着替えできるならそれでもOK!

みたいな感じで伝えました。

(つまり何も要望していない)

イメージをLINEで共有

お互いに撮りたいイメージをLINEでひたすら共有しています。

毎日何枚もInstagramで見つけた素敵な写真が送られてきます。

天気など諸々のロケーションと、私の撮影技術が怪しかったりしますが、とにかくイメージが共有できると助かります。

chat icon
2人で子どもの頃の写真持ってみるのいいかも!

chat icon
abc
(吉岡里帆さん、かわいい・・・)

View this post on Instagram

. \ 吉岡里帆 出演!// 映え婚メイキングムービー公開中。 あなたに、「映え」あるウエディングを。 #映え婚 #ARLUISWEDDING . ———- 『#ダブルメモリー』 結婚式は、人生の中で 最もたくさん写真を撮るイベントのひとつ。 家族や友だち。憧れのウエディングドレス。 美しい風景、料理、そこにあるすべてを 写真におさめたい。 SNSの時代ならなおさらです。 私たちは、そんな写真に対する、 一生懸命な想いを応援したい。 そのために、最高の一瞬を切り取るための たくさんのアイデアを発信します。 あなたに、「映え」あるウエディングを。 ———- アールイズウエディングでは、  結婚式当日はもちろん、  おふたりのリゾートステイをご提案♥  アールイズのリゾートウエディングが、 幸せな旅でありますように。 . #アールイズウエディング #arluiswedding のハッシュタグをつけて、  投稿・発信してくださいね✈ 公式IGでリグラムさせていただきます✨. >>> @arluiswedding − #吉岡里帆 #フォトジェニック #インスタヴァエ − #wedding #resortwedding #beachwedding #weddingphoto #ウエディング #海外ウェディング #リゾートウエディング #ウェディングドレス #ウエディングフォト − #ロケーションフォト #リゾートウエディング #リゾートフォト #リゾート挙式 #リゾ婚 − #プレ花嫁 #卒花 #アールイズ花嫁

A post shared by アールイズ・ウエディング (@arluiswedding) on

撮影機材の準備

ここからは機材の話です。

5月に見学したプロの撮影を参考に、ストロボ関係の機材を買い足しました。

プロカメラマンのウェディングフォト撮影を見学した話

プロの写真も後日見せてもらいましたが、素晴らしかったです。

機材を真似して同じものが撮れるとは思っていませんが、どういう感じになるのか楽しみです。

同じ(と思われる)ディフューザーと、ストロボを立てるスタンドを用意しました。

スタンドはストロボ専用ではなく、スマホや軽いデジカメにも使えるものを選びました。

一脚兼三脚はいろいろ調べましたが、安いものは収納に難有りでした。

その他にはモバイルバッテリーを新調しました。

私のワガママ諸事情で、Panasonic S1Rを使えることになっているので、それを見据えてPD対応のパワフルなモバイルバッテリーを買い揃えました。

デジタルカメラはモバイルバッテリーから充電する時代だ

おわり

いよいよ、S1Rのテスト撮影が近付いてきました。

経験不足を埋めるためには、とにかく予習するしかありません。

せっせとロケーションや作例を探して、素敵な写真を撮れるように頑張ります!

【写真趣味あるある】素人が友人からカップルフォトを頼まれたときの対処法

chat icon
abc
どいつもこいつも美人を射止めやがる。俺にできるのは、写真を撮って祝ってやることだけさ。けっ!

最新情報をチェックしよう!